日産・ホーマーの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

日産 ホーマー
【ホーマー】
ホーマーの車名の由来は、公表されていないため不明です...
ですので、推測してみましょう!
ホーマー(Homer)には、
[homer] - ホームランを打つ人、伝書鳩
という意味がありますので、
「ホームランを打つようにヒットするトラック」
を目指して命名したのでしょうか?
もしくは、「伝書鳩のようにちゃんと家に帰れる安全なトラック」
をイメージしたのでしょうか?
答えはわかりませんが、このどちらかなんじゃないかと思っています。
では、ホーマーとは、どんなトラックなのかを見てみましょう!

ホーマーの特徴、仕様

日産 ホーマー
【ホーマー】
ホーマーとは、日産が1964年~1982年に販売していた
小型トラックです。
1964年にプリンス自動車から初代ホーマー(T640型)が
販売されました。
しかし、1966年にプリンスが日産に吸収されて
「ニッサン・プリンス・ホーマー」という車名に変更されましたが、
1970年には「ニッサン・ホーマー」になりました。
1976年にフルモデルチェンジで2代目(F20型)になりました。
1978年には、スーパーロー(低床車)が追加されました。
1982年にキャブスターとの統合により、「アトラス」へと
後継されました。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。