シボレー・C/Kシリーズの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

シボレー C2500
【C/Kシリーズ】
C/Kシリーズの車名の由来は、公表されていないため不明です...
車名自体もアルファベット表記なので推測もできません…
では、C/Kシリーズとはどんなトラックだったのかを見てみましょう!

C/Kシリーズの特徴、仕様

シボレー C20
【C/Kシリーズ】
C/Kシリーズとは、シボレーが販売していた
ピックアップトラックです。
「K1500」「C3000」などと呼ばれることが多いです。
CとK、数字による違いをまとめてみました。(実際とは異なる場合があるかもしれませんが気にしないでくださいね!)

[CとKの違い]
まず、CとKの違いに関してですが、「Cは2WD」「Kは4WD」
という風に区別しています。

[数字の2桁表記、4桁表記の違い]
数字の違いですが、2桁表記と、4桁表記がありまして、
少し曖昧にはなってしまいますが、シボレーブランドで
販売されるものは2桁、GMCブランドで販売されるものは4桁で
表記するそうです。
しかし、1988年からは、4桁に統一されているようです。
なお、日本では、1988年(3代目)までを2桁、
1988年(4代目)以降は4桁で呼ぶことがほとんどです。

[数字の読み方]
数字は積載量の違いによって変わります。
[10、1500] - 500kg積み
[20、2500] - 750kg積み
[30、3500] - 1t積み

[年式]
初代 - 1960年~1966年
2代目 - 1967年~1972年
3代目 - 1973年~1987年
4代目 - 1988年~1999年
以降は「シルバラード」へと後継されます!

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。