シボレー・アバランチの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

シボレー アバランチ
【アバランチ】
アバランチの車名の由来は、公表されていないため不明です。
なので、推測してみましょう!
アバランチ(avalanche)とは、
[avalanche] - 雪崩
という意味があり、「雪崩にも負けないトラック」という想いが
込められているのではないでしょうか?
では、アバランチとは、どんなトラックなのかを見てみましょう!

アバランチの特徴、仕様

シボレー アバランチ
【アバランチ】
アバランチとは、シボレーが2001年~2012年に販売していた
ピックアップトラックです。
2001年に、シボレー「サバーバン」をベースに開発され、
キャデラックの「エスカレードEXT」にOEM供給している車両です。
リアシートを倒し、リアの窓を取り外し、ゲートを倒すと、
より長い荷物を積むことができます!
フロントマスクは、「シルバラード」に似ていて、2003年には
共有の顔となりました。
2006年のフルモデルチェンジにて、2代目(最終モデル)と
なりました。
エンジンはV型8気筒5300ccと、6000ccがあり、キャビンは
ダブルキャブのみの設定でした。
2012年に製造を終了しました。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。