シボレー・モンタナの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

シボレー モンタナ
【モンタナ】
モンタナの車名の由来は、どういったものでしょうか?
公表されていないため定かではありませんが、
モンタナ(Montana)は、アメリカのモンタナ州が由来に
なっているようですね!
では、モンタナとは、どんなトラックなのかを見てみましょう!

モンタナの特徴、仕様

シボレー モンタナ
【モンタナ】
モンタナとは、シボレーが販売しているピックアップトラックです。
モンタナは、2003年にオペルの「コルサC」をベースに開発され、
南アフリカでは2010年までオペル「コルサユーティリティ」として
販売されていました。
エンジンは直列4気筒1400cc、1800ccのガソリンエンジンと、
直列4気筒1700ccのディーゼルエンジンの3種類の
設定がありました。
2010年にフルモデルチェンジを行い、2代目となりました。
この代から、ベース車がGMブラジルの「アジャイル」に
変わりました。
ブラジル向けには、ガソリンとエタノール両方の燃料でも
走行可能なフレックスエンジンの設定もあります。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。