シボレー・3100/3600/3800の車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

シボレー 3100
【3100/3600/3800】
3100/3600/3800の車名の由来は、
公表されていないため不明です...
車名自体も数字表記なので推測もできません…
では、3100/3600/3800とはどんなトラックだったのかを
見てみましょう!

3100/3600/3800の特徴、仕様

シボレー 3100
【3100/3600/3800】
3100/3600/3800とは、シボレーが1947年~1955年に
販売していたピックアップトラックです。
このトラックの正式名称は「アドバンス・デザイン・シリーズ」と
言いますが、一般的は、「シボレー3100」「3600」などと数字で
呼ばれています。
これは、後継車にあたる「C/Kシリーズ」が「C1500」「K3500」と
呼ばれるのと同じように積載量によって数字が変わっているのです。

[数字の読み方]
数字は積載量によって変わります。
[3100] - 500kg積み
[3600] - 750kg積み
[3800] - 1t積み

となっています。
エンジンは、直列6気筒3500cc、3900cc、4300ccの
3種類があり、ミッションは、3速マニュアル、4速マニュアル、
と設定があり、極僅かな期間だけオートマも製造していたようです。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。