スズキ・イクエーターの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

スズキ イクエーター
【イクエーター】
イクエーターの車名の由来は、どういったものだったのでしょうか?
イクエーター(Equator)には、
[equator] - 赤道
という意味があり、スズキの海外への意気込みを感じる車名ですね!
では、イクエーターとは、どんなトラックだったのかを
見てみましょう!

イクエーターの特徴、仕様

スズキ イクエーター
【イクエーター】
イクエーターとは、スズキが海外向けに2008年~2012年に
販売していたピックアップトラックです。
イクエーターは、2008年に日産の「フロンティア」から
OEM供給され、販売されています。
キャビンは、2ドアのエクステンデットキャブと、4ドアの
クルーキャブの2種類の設定で、シングルキャブはありません。
クルーキャブの4WDにのみロングの設定があります!
エンジンは、日産の直列4気筒2500ccと、V型6気筒4000ccがあり、
ミッションは5速マニュアルと、5速オートマが設定されています!
2012年には、4輪部門の北米市場撤退のため
販売を終了してしまいました。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。