ホンダ・T360の車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

ホンダ T360
【T360】
T360の車名の由来は、公表されていないため不明です。
恐らく360ccのトラック(truck)という事で
「T360」なのではないかと思います。
では、T360とは、どんなトラックだったのかを見てみましょう!

T360の特徴、仕様

ホンダ T360
【T360】
T360とは、ホンダが1963年~1967年に販売していた
軽トラックです。
「T360」は、日本で初めてDOHCエンジンを搭載した車両で、
ホンダが初めて作った4輪自動車でもあります。
四輪車の需要は商用のほうが多く、オートバイの販売網しかない
販売店で売らなければならない事などを考慮して軽トラックの
開発を進めたそうです。
外観は、セミキャブオーバーのようなデザインですが、
エンジン本体はシートの下に収められています。
内装は、助手席に子供が2人載せられるように、サイドブレーキと
シフトレバーがステアリングの右側にありました。
エンジンは水冷直列4気筒360ccDOHCで、ミッションは
4速マニュアルの組み合わせだったそうです。
1967年に生産を終了し、「TN360」へと後継されました。

T360のCM動画

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。