ホンダ・TN360の車名の由来 - 車種の特徴
ホンダ・TN360の車名の由来 - 車種の特徴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダ・TN360の車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

ホンダ TN360
【TN360】
TN360の車名の由来は、公表されていないため不明です。
従来車の「T360」に、「N360」のエンジンを搭載したことから
「TN360」なのではないかと思っています。
ちなみに、「N360」の「N」は乗り物(Norimono)であると
言われているそうです。
では、TN360とは、どんなトラックだったのかを見てみましょう!

TN360の特徴、仕様

ホンダ TN360
【TN360】
TN360とは、ホンダが1967年~1977年に製造していた
軽トラックです。
1967年、従来モデルの「T360」は、DOHC直列4気筒エンジン
だったため量産には適さなかったのを改善するため、より簡単な
構造の「N360」に採用されていたSOHC直列2気筒エンジンに
変更して「TN360」が登場しました。
外観は、ロゴである「H」はそのままに、従来の
セミキャブオーバータイプから、キャブオーバータイプに変更に
なり、ウインカーがヘッドライトの上に装着されています。

[TNⅢ]
1970年にマイナーチェンジを行い、車名も「TNⅢ」に変更されました。
フロントグリルのデザインも変更され、運転席にシートベルトが
標準装備されました。

[TN-Ⅴ]
1972年には、再び車名が変わり「TN-Ⅴ」になりました。
これを機に、T360から続いていた「H」のマークが「HONDA」に
変更され、助手席シートベルトが標準装備になりました。

[TN7]
1975年に「TN7」になり、「昭和50年排出ガス規制」にも
適合しました。
1977年に、生産を終了しました。
なお、日本の軽自動車では最後の空冷エンジンを搭載した
モデルでした。

TN360のCM動画

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

  • RSSアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • はてなブックマークアイコン
検索フォーム
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
人気の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。