スバル・ブラットの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

スバル ブラット
【ブラット】
ブラットの車名の由来は、どういったものだったのでしょうか?
ブラット(BRAT)は、
Be-drive Recreational All-terrain Transporter」の
頭文字を取ったものを車名にしました。
[be-drive] - 運転する、乗り物を走らせる
[recreational] - 気晴らし、休養
[all-terrain] - 全地形型
[transporter] - 運搬車両
という意味があります。
「運転することが気晴らしになるどこでも走れるトラック」
というニュアンスでしょうか?
では、ブラットとは、どんなトラックなのかを見てみましょう!

ブラットの特徴、仕様

スバル ブラット
【ブラット】
ブラットとは、スバルが1977年~1990年に海外向けに
販売していたピックアップトラックです。
アメリカでの1970年台のピックアップトラックブームに
乗り遅れまいと、1977年に、「A3型レオーネ」をベースに
「ブラット」は開発されました。
アメリカのライトトラックの高い関税を逃れるために、
荷台に固定式のシートを2席作り、「4人乗り乗用車」
として輸入していたという逸話もあります。
エンジンは水平対向4気筒1800ccを搭載していたようです。
1981年に2代目になり、ベースも「AB型レオーネ」に
変更になりました。
1990年に製造が終了しました。

ブラットのCM動画

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。