スバル・バハの車名の由来 - 車種の特徴
スバル・バハの車名の由来 - 車種の特徴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スバル・バハの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

スバル バハ
【バハ】
バハの車名の由来は、どういったものだったのでしょうか?
バハ(Baja)は、カリフォルニア半島に由来していて、「バハ1000」
という耐久レースが行われたりと、オフロードを思い浮かべる地名
のようです。
では、バハとは、どういったトラックなのかを見てみましょう!

バハの特徴、仕様

スバル バハ
【バハ】
バハとは、スバルが2003年~2006年に海外向けに販売していた
ピックアップトラックです。
2003年に「レガシィアウトバック」をベースに開発されました。
生産と販売は北米で行われていて、日本の自動車メーカーとしては
初めてのスポーツユーティリティートラックとなりました。
後部座席と荷台の間にトランクスルーが設けられいて、長さの
長い荷物も積載できます。
エンジンは水平対向4気筒2500cc、ミッションは5速マニュアルと、
4速オートマの設定があります。
2006年に生産を終了しました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

  • RSSアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • はてなブックマークアイコン
検索フォーム
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
人気の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。