フォード・スーパーデューティーの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

フォード スーパーデューティー
【スーパーデューティー】
スーパーデューティーの車名の由来は、公表されていないため
不明です...
ですので、推測してみましょう!
スーパーデューティー(Super Duty)を直訳すると、「極度の任務」
ですが、似た表現でヘビーデューティー(Heavy Duty)という
言葉があります。
こちらは、「激しい使用に耐える」という意味があります。
これに当てはめると、「極度の使用に耐える耐久性」という
意味なのではないでしょうか?
では、スーパーデューティーとは、どんなトラックなのかを
見てみましょう!

スーパーデューティーの特徴、仕様

フォード スーパーデューティー
【スーパーデューティー】
スーパーデューティーとは、フォードが販売している
ピックアップトラックです。
もともとは「F-150」と同じ「Fシリーズ」のラインアップでしたが
1999年より「F250」以上のモデルは「スーパーデューティー」として
独立しました。
サイズは「F-250」「F-350」「F-450」「F-550」の4種類があり、
後輪が片側2輪づつある「デューリー」というのものあります。
ボディサイズも「F-150」より大きくなり、サスペンションの強化や、
V型10気筒6800ccのパワフルなエンジンも採用されています。

現行モデルは、2011年に販売が開始されました。
[エンジン]
V型8気筒6200cc、V型10気筒6800cc(F-450/F-550のみ)、
V型8気筒6700ccターボ(ディーゼル)
[ミッション]
6速オートマ
[駆動方式]
2WD、4WD
[キャビン]
2ドアシングルキャブ、4ドアダブルキャブ
という設定があります。
初代F-250はジョージ・ブッシュも所有しているみたいですよ!

公式サイト:
http://www.ford.com/trucks/superduty/?fmccmp=lp-trucks-top-hp-super%20duty

スーパーデューティーのCM動画

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。