GMC・C/Kシリーズの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

GMC C1500
【C/Kシリーズ】
C/Kシリーズの車名の由来は、公表されていないため不明です...
車名自体もアルファベット表記なので推測もできません…
では、C/Kシリーズとはどんなトラックだったのかを
見てみましょう!

C/Kシリーズの特徴、仕様

GMC C1500
【C/Kシリーズ】
C/Kシリーズとは、GMCが1960年~1987年に販売していた
ピックアップトラックです。
基本的にはシボレーの「C/Kシリーズ」と同じ作りで、
フロントグリルが違う程度です。
1988年からは、「シエラ」へと後継されます。
Cは2WD、Kは4WDと分かれていて、
数字は1500、2500、3500がそれぞれ、500kg積み、750kg積み、
1t積み、と分けられています。
エンジンは様々なラインアップがあり、
直列4気筒は4100cc~4800cc、V型6気筒が4300cc、
V型8気筒が5000cc~7400cc、ディーゼルはV型8気筒6200ccの
設定がありました。
駆動方式は、2WD(FR)と4WDから選べました。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。