GMC・フォワードの車名の由来 - 車種の特徴
GMC・フォワードの車名の由来 - 車種の特徴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GMC・フォワードの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

GMC フォワード
【フォワード】
フォワードの車名の由来は、どういったものだったのでしょうか?
いすゞからのOEM供給なので、そのまま、
「前進する、促進するの意味により広がりを表し、車種構成の
豊富さ、仕事の発展を意味願った。」
ということでしょう。
では、フォワードとはどんなトラックなのかを見てみましょう!

フォワードの特徴、仕様

GMC フォワード
【フォワード】
フォワードとは、GMCが販売している中型トラックです。
1984年にいすゞ「フォワード」からOEM供給を受けてフォワードを
販売し始めました。
両車両の違いは、フロントバンパーの下部が下方向に伸びて
スポイラー(チンスポイラー)のようになっている事、
ロゴエンブレムが違う事を除けばほとんどありません。
もともといすゞ「フォワード」が、ヘッドライトが角目4灯なので
GMC風の顔つきに見えています。

モデル番号は、恐らくですが、
4000、5000、6000、7000
となっているようですが、積載量などの詳細はわかりませんでした...

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

  • RSSアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • はてなブックマークアイコン
検索フォーム
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
人気の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。