日野・スカニアの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

日野 スカニア
【スカニア】
スカニアの車名の由来は、どういったものでしょうか?
日野が「スカニア」というスウェーデンの重工業会社との提携に
よって販売した車両なので、社名のスカニアをそのまま車名に
したようですね!
スカニア(Scania)とは、
[scania] - スウェーデンの最南部の地域
とあり、地名が由来になっているようですね!
ちなみに、「スコーネ地方」と読むのだとか...
では、スカニアとは、どんなトラックなのかを見てみましょう!

スカニアの特徴、仕様

日野 スカニア
【スカニア】
スカニアとは、日野自動車が2003年~2011年に販売していた
大型トラックです。
スウェーデンの「スカニア」という重工業会社と日野自動車が
2002年に販売提携を結び、翌年の2003年から販売された
大型トラクターが「日野スカニア」です。
2005年にはフルモデルチェンジを行い2代目となりました。
「電子制御式ブレーキシステム」「流体式リーダー」「排気ブレーキ」
を連動させる電子制御システム「総合ブレーキシステム」を
標準装備しています。
2011年にスカニア社との提携解消により、販売を終了しました。

[エンジン]
直列6気筒12000ccターボ(2003年~2005年)
直列6気筒13000ccターボ(2005年~2011年)

[ミッション]
12速マニュアル(2003年~2005年)
12速セミオートマ

公式サイト:
http://www.hino.co.jp/j/product/truck/scania/

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。