シボレー・S-10の車名の由来 - 車種の特徴
シボレー・S-10の車名の由来 - 車種の特徴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シボレー・S-10の車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

シボレー S-10
【S-10】
S-10の車名の由来は、公表されていないため不明です...
車名自体もアルファベット表記なので推測もできません...
では、S-10とはどんなトラックだったのかを見てみましょう!

S-10の特徴、仕様

シボレー S-10
【S-10】
S-10とは、シボレーが1982年~2004年に販売していた
ピックアップトラックです。
いすゞが製造していて、GMC「ソノマ」が姉妹車にあたります。
初代は1982年に登場し、日本の5ナンバーに適応するほど
コンパクトなピックアップトラックでした。
1994年にフルモデルチェンジを行い2代目になりました。
少し大型になり、ガソリン車のみとなりました。
フロントマスクは「C/Kシリーズ」に似た
「シェビートラックマスク」になりました。
2004年に販売を終了し、「コロラド」へ後継しています。

[初代スペック]
エンジン
直列4気筒1900cc、2000cc、2500cc
直列4気筒2200cc(ディーゼル)
V型6気筒2800cc、4300cc
ミッション
3速オートマ、4速オートマ、5速マニュアル
駆動方式
2WD(FR)、4WD

[2代目スペック]
エンジン
直列4気筒2200cc
V型6気筒4300cc
ミッション
4速オートマ、5速マニュアル
駆動方式
2WD(FR)、4WD

S-10のCM動画

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

  • RSSアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • はてなブックマークアイコン
検索フォーム
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
人気の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。