シボレー・LUVの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

シボレー LUV
【LUV】
LUVの車名の由来は、どういったものでしょうか?
LUVは、「Light Utility Vehicle」の頭文字をとったもののようです。
[light] - 軽い、小さい
[utility] - 実用的、万能の
[vehicle] - 乗り物
という意味があり、「小型で万能なトラック」という事が由来に
なっているようです。
では、LUVとは、どんなトラックなのかを見てみましょう!

LUVの特徴、仕様

シボレー LUV
【LUV】
LUVとは、シボレーが1972年~1982年に販売していた
ピックアップトラックです。
当時のアメリカ小型トラック市場は日本のピックアップトラックが
占領していました。
その対抗策としてシボレーはいすゞと提携し小型ピックアップ
トラックである「LUV」を販売したそうです。
いすゞ「ファスター」は姉妹車にあたります。
1982年には「S-10」へと後継され、販売を終了しました。

[エンジン]
直列4気筒1600cc
直列4気筒1800cc
直列4気筒2000cc(ディーゼル)

[ミッション]
3速オートマ
4速マニュアル

[駆動方式]
2WD(FR)

LUVのCM動画

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。