三菱・レイダーの車名の由来 - 車種の特徴
三菱・レイダーの車名の由来 - 車種の特徴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱・レイダーの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

三菱 レイダー
【レイダー】
 レイダーの車名の由来は、どういったものなのでしょうか?
レイダー(Raider)には、

[raider] - 侵略者

という意味があり、
「日本の自動車メーカーが海外で成功してみせる」
というような意気込みの感じる車名ですね!
 では、レイダーとはどんなトラックだったのかを見てみましょう!

レイダーの特徴、仕様

三菱 レイダー
【レイダー】
 レイダーとは、三菱が2005年~2009年に販売していた
ピックアップトラックです。
 2005年、ダッジ「ダコタ」のOEM供給を受け、三菱「ストラーダ」
の後継車として販売されました。
しかし、年間の販売台数は8000台に及ばないほどしか売れず、
2009年には生産終了となってしまいました。

[エンジン]
V型6気筒3700cc
V型8気筒4700cc

[ミッション]
6速マニュアル
4速オートマ
5速オートマ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

  • RSSアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • はてなブックマークアイコン
検索フォーム
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
人気の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。