軽トラックの寸法・サイズ - 種類・用途

軽トラックとは

軽トラック キャリイ
 軽トラックとは、軽自動車の規格内に収まる大きさの
トラックです。
田舎の農業で使われるイメージが強い軽トラックですが、
そんな軽トラックの寸法や、積載量などについてまとめてみました!

軽トラックの寸法・サイズ

軽トラック 荷台
 軽トラックの寸法ですが、もちろん「軽自動車規格」に収まる
サイズになっています。
軽自動車規格は何度か変更されていて、現在では、

[軽自動車規格]
全長 - 3,400mm以下
全幅 - 1,480mm以下
全高 - 2,000mm以下
排気量 - 660cc以下
定員 - 4人以下
積載量 - 350kg以下

となっています。
 なお、"軽自動車"というのは日本にしかない規格で、海外には
軽自動車はありません。
つまり軽トラックも日本独自の文化というわけですね!

軽トラックの種類・用途

軽トラック 平ボディ
平ボディ
軽トラック 冷蔵冷凍車
冷蔵冷凍車
軽トラック パネルバン
パネルバン
軽トラック ローダー
ローダー
軽トラック ダンプ
ダンプ
軽トラック パワーゲート
パワーゲート
 軽自動車と一口に言っても、様々な形状があり、用途があります。

【平ボディ】
 まずは"平ボディ"です。恐らく、皆さんが軽トラックと聞いて
最初に思いつくであろう程、一般的であり街でもよく走っていますね!
現在販売されている"平ボディ"の軽トラックは、三方向にアオリが
開くタイプになっています。

【冷蔵冷凍車】
 クール便などでも活躍しているのが"冷蔵冷凍車型"の
軽トラックです。
冷凍用にコンプレッサーを搭載して荷室内の温度を下げています。
設定温度は-5℃程度の""中温冷凍車""~-20℃程度の"低温冷凍車"
まであり、冷蔵したい人から、冷凍させたい人まで
幅広く選べますね!

【パネルバン】
 荷台がパネルでできている箱型の軽トラックのことを言います。
"平ボディ"や"冷蔵冷凍車"ほどは見かけないかもしれませんが
ちゃんと設定されています。
荷物が雨や汚れから守れるのが嬉しいですね!

【ローダー】
 私は出会ったことがありませんが、ローダー軽トラックなるものも
存在していました。
平ボディ風の荷台が後ろにスライドし、荷物を取りやすくします。
とはいっても、よほど重いものじゃないと使用頻度は少ないかも
しれませんね。
農家の田植機などを運搬するのに最適ですね!

【ダンプ】
 ダンプ軽トラックも珍しいですね!
ダンプとは、荷台の前方を上に持ち上げて傾かせて荷物(土など)を
下ろすものです。
"現場作業"などで大型トラックのダンプは見かけますが、
軽トラックはなかなか見ませんね!

【パワーゲート】
 パワーゲート付き軽トラックも珍しいですね!
パワーゲートと言うのは、エレベーターのようなもので、荷物が
重くて持ち上がらない時に、パワーゲートに載せて荷台の高さまで
持ち上げてくれます。

軽トラックの荷台・積載量

軽トラック 積載
 さて、軽自動車の荷台のサイズですが、もちろんメーカーによって違います。
ただ、ひとつ言えることは、"積載量は350kgを超えない"ということです。
 では、平ボディを基準に解説していきます。
ポイントは、"フロア長""荷台長""荷台幅""荷台高(アオリの高さ)"
があります。
え?"フロア長"と"荷台長"は何が違うのかって?
フロア長は文字通り荷台フロアの長さです。
荷台長は、"荷台の有効長さ"を表しています。
高さのないような荷物なら"フロア長"で収まるでしょうが、
コンテナなどを積み上げる場合は"荷台長"以内にしないと
収まりません。

[スズキ「キャリイ」の場合]
フロア長 - 2,030mm
荷台長 - 1,940mm
荷台幅 - 1,410mm
荷台高 - 290mm

[ダイハツ「ハイゼット」の場合]
フロア長 - 2,020mm
荷台長 - 1,940mm
荷台幅 - 1,410mm
荷台高 - 285mm

[ホンダ「アクティ」の場合]
フロア長 - 1,940mm
荷台長 - 1,920mm
荷台幅 - 1,410mm
荷台高 - 290mm

※全て現行モデルの場合となります。

となっています。
一見するとキャリイ最強説が浮上しますが、その分
運転席の広さを犠牲にしているとも考えられますね!

軽トラックの免許・車検

軽自動車検査協会
【軽トラックを運転できる免許とは?】
 軽トラックは普通自動車免許で運転することができます。
少し古い中古の軽トラックなんかは、マニュアルが多いですが、
最近の軽トラックはオートマ搭載のものも多いですので"AT限定"の
免許でも乗ることができますよ!

【車検・税金】
 普通貨物車車、大型貨物車は、毎年"車検"がありますが、
軽トラック(軽貨物車)は2年に1度なので経済的ですね!
さらに、自動車税も4,000円とかなり経済的です!

軽トラックの代表車種

軽トラック ハイゼット
【スズキ・キャリイ】
スズキが販売している軽トラックです。
こちらの記事で詳しく紹介していますので、合わせてどうぞ。
スズキ・キャリイの車名の由来 - 車種の特徴

【ダイハツ・ハイゼット】
ダイハツが販売している軽トラックです。
こちらの記事で詳しく紹介していますので、合わせてどうぞ。
ダイハツ・ハイゼットトラックの車名の由来 - 車種の特徴

【ホンダ・アクティ】
ホンダが販売している軽トラックです。
こちらの記事で詳しく紹介していますので、合わせてどうぞ。
ホンダ・アクティトラックの車名の由来 - 車種の特徴


関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。