【暖房でも?】車のエアコンのA/Cの意味とは

エアコンのA/C
 寒くなってきたなぁと思ったら、すっかり冬になってしまいましたね!
ところで冬の運転では、暖房を入れると思うのですが、みなさんどんな感じで入れてますか?

今日は、車のエアコンについての"トラビア"を紹介しちゃいます^^

エアコンパネルのA/Cの秘密

A/Cボタン
【エアコンのA/Cって?】
みなさん、エアコンをつける時に「A/C」と書かれたボタンが有ると思いますが、あのボタン、どうしてますか?
冷房の時に押すのか、暖房の時に押すのか、ちゃんと理解しておきたいですよね!
A/Cとは「エアーコンディショナー」の事で、その名の通りエアコンのことです。
つまり、エアコンのON/OFFをA/Cボタンで行っているのです!
じゃあ、冷房でも暖房でもA/CをONにすればいいんじゃないの?と思いますよね!
では、冷房の場合と、暖房の場合のA/Cの役割を説明したいと思います。

【冷房の時は】
夏場の暑い時期では、冷房を入れる事がほとんどだと思います。
冷房を入れる時のA/Cの働きは2つあり、「送風温度を冷やす」
「除湿する」というものです。

つまり、冷房を入れる時にA/CをOFFにしていたらいつまでたっても冷たい風は吹いてこないということです...orz

【暖房の時は】
冬場の寒い時期には、暖房を入れたいですよね!
では、暖房を入れる時のA/Cの働きはどういったものなのでしょうか?

暖房を入れた時のA/Cの働きは「除湿」です。

え?冬は、ただでさえ乾燥しているのに除湿?
じゃあA/CはOFFの方がいいじゃん!
と思いますよね!

確かにA/Cを動かすには、エンジンの動力が必要で燃費にも悪影響をおよぼすためOFFの方が経済的だと言えます。
しかし、冬のフロントガラスって曇りませんか?

車内が密閉されているため、人の熱気で蒸し蒸ししてくるのです!
そんな時は、A/CをONにしてあげると、窓の曇りが取れていくのです!

デフロスターって何?

エアコンパネル
 車のエアコンには、デフロスターというものがついています。
でも、「デフロスター」と書いてあるわけではないので、車に詳しくない人にはサッパリわからないんですよねぇ...

左の画像のマークがデフロスターといい、フロントとリアにわかれています!
まあ、トラックを運転する人には、リアはありませんが。笑

このスイッチを押すと、フロントとリアから除湿した空気が出て窓ガラスの曇を取り除いてくれます。

窓が曇ったらデフロスターを押しましょう!

まとめ

まとめ!
【A/Cボタンを押す時は】
  • 冷房の場合には、常にON
  • 暖房の場合はOFF、窓が曇りだしたらON

です!
また、窓が曇ってきたら無条件でデフロスターをONにしましょう^^

今日の"トラビア"はこの辺でおしまいです!
では、次回もとっておきの情報を用意しておきますので楽しみにしていてくださいね!

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。