製造中止の自動車の部品供給は何年!?

製造中止のスカイライン
 みなさんがお乗りの自動車やトラックは今も製造されているモデルですか?

よく、旧車などと言って生産中止されたモデルの車をキレイに乗っている人たちがいますよね!
でも、製造中止になってしまった自動車の部品供給ってどうなっているかご存じですか!?
そこで今日は、製造中止になった自動車の部品供給について紹介しちゃいます!

製造中止になってから何年?

考える人
【最低部品保管期間】
自動車メーカーには、販売車両の生産が終了しても部品供給を続ける義務があるそうで、よく言われているのが、製造中止になってから最低でも7~10年は部品供給を行わなければならない。
とのことです。
(正確な記述がされている情報がなく、曖昧になってしまいました...)

そのため、製造中止になってもまだまだ乗り続けることが出来るようです!

では、この7~10年経過してしまった車の部品は手に入らなくなってしまうのでしょうか?


【金型は保管してある】
そんなことはありません。
これは、メーカーや車種によっても異なりますが、人気車種で生産終了後もその人気が衰えないような車なら、10年過ぎても20年過ぎても部品が製造され続ける可能性があります。

また、部品自体は破棄してしまっても、部品を製造するための「金型」は破棄せずに保管してあるようで、いざという時には部品を作ることが出来るようです。

とは言っても、一般の人が頼んで作ってもらえるかはわかりませんが...
もし、必要な部品がある方はメーカーに頼んでみてはいかがでしょうか?




社外新品ってなんだ!?

驚く人
【社外新品とは】
結局、欲しい部品は既に作っていなかったし、ディーラーに頼んでもダメだった...

そんな時に利用したいのが、社外新品という部品です。

これは、人気車種で良く使用される部品で作られてることが多く、
社外新品にも大きく2種類あります。

[パターン1]
自動車メーカーの部品と同じ生産ラインで生産されたもの。
メーカーのロゴ等が記入されていないが全く同じ部品。

[パターン2]
その部品を真似して同じように作るもの。
信頼のないメーカーだと不具合などの可能性も...


これらの部品を上手に活用すれば、みなさんの車も長く乗ることが出来ますね!

また、社外新品は、純正部品よりも価格が安いというメリットもあります!




まとめ

生産中止のフェアレディZ
【部品供給は】
  • 最低でも7~10年くらいは購入可能
  • 部品によっては10年を超えても購入可能
  • 社外新品という手段もある
という事が言えますね!

では、みなさんもこれらの知識を活かして愛車を長く乗りましょう!
また、どうしても部品が手に入らない場合には、いっその事買い替えてしまうのもひとつの手ですよ!

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。