ナンバープレートの封印とは?意味や仕組みについて!
ナンバープレートの封印とは?意味や仕組みについて!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンバープレートの封印とは?意味や仕組みについて!

ナンバーの封印
 トラックに限らず、自動車の後ろのナンバープレートに封印というものが付いているのをご存知ですか?

封印と言ったり、封緘と言ったりするんですが、あれの意味や、どうやって取り付けられているのかって気になりますよね!?
今回は、封印の秘密を紹介しちゃいます!

封印とはなんだ!?

未完成の封印
【正式なナンバーの証】
封印とは、ナンバープレートに取り付けれられているアルミ製のペットボトルのキャップのようなものです
ナンバープレートは前と後ろに取り付けますが、封印は後ろのナンバーの左側のネジの部分に付いています。

この封印は、ナンバーの盗難を防止する目的がありますが、それだけではありません。

自動車の盗難を防止する役割もあるのです!

というのも、盗難された自動車は、ナンバープレートを外され、別のナンバープレートを付けて走行していることがほとんどなのです。
しかし、ナンバープレートを外すには、封印を外す必要がありますよね!?

ここに秘密があって、基本的に一度外した封印は元に戻せないように作られているので、一度ナンバープレートを外した車は簡単にバレてしまいます!
※封印を外す専用の工具があれば元に戻せてしまいますが...

そのため、封印の外れた車などは警察に止められて盗難車かどうかを調べられてしまうのですね!

また、この封印は、正式に陸運局で発行されたナンバープレートに付き1つ、それも専門の係員が車台番号と車検証を確認した上で取り付けるため、他のナンバープレートには流用することができないのです。

ちなみに、封印には、どの都道府県で登録したかわかるように、東京なら「東」神奈川なら「神」などと書かれています。


封印の仕組み

封印の台座とフタ
【台座とフタ】
封印は、台座となる部分と、実際に文字が書かれているフタの部分に分かれます。

まずは、台座部分を、ナンバープレートと一緒にネジで締め込みます。

その後、台座の上にフタをパチンと被せるだけで一つの封印となるのです!
非常に簡単ですね!

また、先ほど少し触れましたが、一度取り付けたフタはツメが引っかかることで取り外せない構造になっています。


まとめ

封印の台座
【ナンバーの封印とは...】
  • 陸運局で発行された正式なナンバーという印
  • ナンバーの盗難防止
  • 車両の盗難防止
  • 台座とフタに分かれている

ということでした!
とても面倒な事になってしまうので、間違っても遊び半分で封印を壊したりしないようにしましょうね!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

補足ですが、封印の種類も何種類かあります。
見た目も初期は白い外枠の縁が丸かったり、封印の精度が低かったりします。
盗難や偽装が出来てしまうので時代と共に新しいものに代わっています。
  • RSSアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • はてなブックマークアイコン
検索フォーム
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
人気の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。