高速道路のインターチェンジ、ランプ、ジャンクションの違いとは?
高速道路のインターチェンジ、ランプ、ジャンクションの違いとは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速道路のインターチェンジ、ランプ、ジャンクションの違いとは?

ジャンクション
 高速道路に乗ると、インターチェンジやジャンクション、ランプなど様々な用語が出てきますよね?

なんとなく意味はわかってるけど、特にランプってなに?と思っている人は多いのではないでしょうか?
今回は、インターチェンジ、ランプ、ジャンクションの違いについて説明したいと思います!

ICとJCTはなんとなくわかるけど...ランプって?

高速道路
【ランプとは】
人によってはあまり聞き馴染みのない「ランプ」というのは、斜路という意味があり、簡単に言うと高さの違う道を繋ぐための坂道のことです!
一般道から高速道路に乗る時には坂を登りますよね?それをランプと呼ぶのです。
実は、ランプは後に説明する、インターチェンジやジャンクションにも利用されているのです。


【インターチェンジとは】
インターチェンジとは、高速道路の出入口のことを指す言葉だと思っている人が多いようですが、実際には立体交差点を意味する用語なのです!
なので、一般道から高速道路に出入りする時にグルグルと旋回する出入口があると思いますが、それがインターチェンジです。
逆に言えば、インターチェンジだからといって出入口とは限らないのです。
また、インターチェンジは立体の交差点なので、高さの違う道を繋ぐためにランプを設けています。


【ジャンクションとは】
ジャンクションとは交差点のことで、結合した部分という意味のある英単語です。
日本では、主にある高速道路から別の高速道路に乗り換える立体交差点を指す事がほとんどですよね!
しかし、海外では通常の平面交差点もジャンクションと呼ばれているようです。

ちなみに、立体交差点のジャンクションの事は「インターチェンジのジャンクション」と呼ぶそうですよ!

これらを組み合わせると「インターチェンジのジャンクション内のランプ」なんていうとてもややこしい使い方もできますよね!

まとめ

立体交差点
【IC、JCT、ランプの違い】
  • ランプは坂道のこと
  • インターチェンジは立体交差点のこと
  • ジャンクションは高速道路の乗り換えのこと(日本では)

ということでした!
わたしは、勝手に「ランプとICは同じ意味の言葉だろう」なんて思っていたのですが、ぜんぜん違う意味の言葉でしたね(笑)
ちなみに、現在は高速道路の入口のことをインターチェンジと呼ぶのは正式ではないようで、「○○出入口」と表記するのが正式のようです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

  • RSSアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • はてなブックマークアイコン
検索フォーム
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
人気の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。