プジョーのロゴの由来 - 社名の由来

ロゴ、社名の意味

プジョー ロゴ
【プジョー】
フランス東部の工業家 プジョー一族から命名。
1810年頃鋼材工場(自動車の製造販売は1882年)として誕生したのが始まりで、プジョー製のノコギリ等には、品質の証として「ライオンの歯のような(刃の強さ)」「ライオンの体躯のような(刃のしなやかさ)」「ライオンの走りのような(速い切断速度)」の3つを意味するライオンマークが付けられていました。
これに由来するのが現在のロゴ(エンブレム)です。

プジョーの代表的なトラック

プジョー ホガール
【ホガール】
ホガールは、プジョーがブラジル市場のために設計・開発された小型ピックアップ・トラックである。
エクステリアは207シリーズの車輌後部をピックアップにして、クロスオーバー風の意匠を与えられたかのように見える。荷台の容量は1151リットルで最大積載量は742kgを誇る。
 パワートレーンは1.4リッター/1.6リッターエンジンを搭載。生産はリオデジャネイロ工場において行われる。現在、日本に導入する予定はない。

プジョーの所在地

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社
〒150-0011
東京都渋谷区東3丁目16番3号
http://www.peugeot.co.jp/


大きな地図で見る
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。