軽油が泡立つ時の給油テクニック!

軽油
 皆さんは、トラックの給油をする時に軽油が泡立ってしまうため、上手に満タンまで入れられなかった事はありませんか?

今日は、軽油が泡立つ理由や、泡立てないように上手に満タンまで給油する方法を紹介しちゃいます!

軽油が泡立つ理由

泡
【粘度と表面張力が違う】
ガソリンに比べて軽油が泡立つ理由とは、どうやら粘度や表面張力の違いが大きいようです。
ガソリンの場合は、泡が出来にくい、あるいは泡が出来てもすぐに消えてしまうようですが、ディーゼルの場合は、泡が出来やすく泡が消えづらいそうです。


泡が消えにくい理由は、主に表面張力が関係しているようで、表面張力の低い液体ほど泡が出来ても消えにくいのです。
洗剤を水で溶かしたものは表面張力がとても低いので、泡がなかなか消えないのと同じような感じです。


【添加剤の影響も?】
メーカーにもよりますが、ガソリンにはいろいろな添加剤が含まれており、その中に消泡剤というものが入っていることがあります。
これにより、さらに泡が立ちにくくなっているようです。

しかし、軽油にはほとんど添加剤のようなものは含まれていないので泡が立ってしまうのかもしれませんね。

泡立てないように給油するには

軽油を給油する
【給油のトリガーを引き過ぎない】
 皆さんは給油をする時に、どれくらいトリガーを引いていますか?
乗用車なら、トリガーを全開に引いていても満タンまで給油することが出来ますが、ディーゼルの場合にはトリガーを全開にしてしまうと泡が立ってしまい、満タンになる前に「カツン!」と給油が止まってしまいます。

なので、ディーゼルを給油する時にはトリガーを半分だけ引くようにしていつもよりも時間をかけて給油することで、上手に満タンまで給油することが可能になるのです。

トリガーを全開で給油して、「カツン!」と給油が止まってからチョロチョロと給油を続けると、泡が溢れてしまったりするのでオススメできません。

まとめ

はかせ
【軽油の泡について】
  • 軽油は粘度や表面張力の違いで泡立ちやすい
  • 泡を抑える添加剤が入っていない
  • トリガーを半分だけ引けば泡立てずに給油できる

ということでした!
みなさんも次に軽油を給油する時には、トリガーを引きすぎずに給油してみてくださいね!

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。