車の部品のアッセンブリーとは?

悩む男性
 車が故障して修理に出した時に「この部品はアッセンブリーでしか出ないねぇ」なんて言われたことはないでしょうか?

 このアッセンブリーとはどんな意味なのかを知っていますか?
今回は、アッセンブリーについてまとめてみたので、是非読んでみてください!

アッセンブリーとは

整備士
【まとまって組み上がった部品のこと】
 アッセンブリーとは、複数の細かい部品を組み上げた部品のことを指します。
人によってはアッセンや、アッシー(ASSY)などと呼ぶこともあります。

 この[assembly(アセンブリ)]には、集まりといった意味の他に、組み立てや、組み立て部品といった意味があるのです。


【アッセンブリーのメリット】
 アッセンブリーで供給される部品の場合、交換が簡単である場合が多いです。
例えば、どこかのバネが壊れてしまった場合、分解してそのバネだけを交換するのはかなり骨が折れる作業ですが、アッセンブリーなら、まとめて交換するだけで済みます。


【アッセンブリーのデメリット】
 例えば運転席のパワーウインドウのスイッチが壊れてしまった場合、助手席や後席のスイッチは使えたとしても、パワーウインドウスイッチがアッセンブリーでしは販売していない場合には、運転席、助手席、後席がまるごと組み上がっている状態でしか購入することが出来ないのです。

 そのため、交換する必要のない助手席や後席のスイッチも交換することになってしまいますね。

 また、アッセンブリーは様々な部品が組み上がっているため、価格が高いのです。
そのため、出費がかさんでしまいますね...
※部品によっては個別部品とアッセンの両方で販売している物もあります。

アッセンブリーにはどんな部品がある?

ドアロックアクチュエーターアッセンブリー
【色々な部品がアッセンブリーで供給されている】
 アッセンブリーで販売されている部品は内装の細かい部品からエンジンにいたるまで様々な物があります。
例えば以下の様な物はアッセンブリーで販売されている事が多いです。

  • スイッチ類(エアコン操作パネルなど)
  • ドライブシャフト(ベアリングだけは買えない)
  • ヘッドライト(レンズだけは買えない)
  • ドアロックアクチュエーター(モーターだけは買えない)

 まだまだアッセンブリーの部品はたくさんありますが、これらの部品は交換する事も多いものですので、みなさんも上記の部品が壊れたらアッセンブリーでの交換になることを覚えておいたほうがいいかもしれません。

まとめ

メモを取る
【アッセンブリーとは】
  • 組み上げられた部品
  • 個別で出ない分金額が高い
  • 交換が簡単である場合が多い
 まとめると、上記のようになりますね!
みなさんも、部品を交換する際には、アッセンブリーでしか購入することが出来ない部品なのか、個別でも購入可能なのかを調べてから注文した方がいいかもしれませんね。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。