車やトラックのホイールベースとは?

トラック
 車雑誌や、新車のカタログなどを見ていると、ホイールベースという言葉が出てきますよね?
皆さんは、ホイールベースとは何かご存知でしょうか?

そこで今回は、ホイールベースについてまとめてみたので、是非読んでみてください!

ホイールベースとは

シャーシの設計図
【前軸と後軸の距離】
ホイールベースというのは、車のフロントタイヤが取り付けられている車軸から、リアタイヤの車軸までの距離のことです。
日本語では、最遠軸距と呼ばれるようです。(特にトラックなど)

車体が大きければホイールベースも長いのかというと、必ずしもそんなことはなく、それぞれの車体に合ったホイールベースとなるように設計されています。


【トラックでのホイールベース】
車軸の多いトラックの場合、どこからどこまでがホイールベースとなるのでしょうか?

それは、一番前の車軸から、一番後ろの車軸です。
その間にある車軸に関してはホイールベースとは関係ないのです。

では、ホイールベースの長さが変わることによって、何が変わるのかを見てみましょう!

ホイールベースの長さによる特徴

ホイールベースの違い
【ホイールベースが長いと】
ホイールベースが長い車両の場合は、下記のようなメリットがあります。

直進安定性の向上
直進時に安定した走行が出来るため、高速道路などの走行に向いています。
座席スペースの確保
ホイールベースが長いほうが、室内の座席スペースを広く取ることができます。
前後の揺れが少ない
ガタガタした道や段差を走行する際に、前後の揺れが少なくなります。

また反対に、下記のようなデメリットもあります。

内輪差が大きくなる
旋回する際に内輪差が大きくなるため、小回りがあまり効きません。

では、ホイールベースが短い場合はどうでしょうか?


【ホイールベースが短いと】
ホイールベースが短い場合、下記のようなメリットがあります。

内輪差が小さい
内輪差が小さいため、狭い道路でも小回りが効きます。
機敏な反応
ステアリングを少し操作するだけでキビキビと反応をします。

また反対に、このようなデメリットも存在します。

直進での不安定さ
短いホイールベースでは優れた直進安定性を望むことができません。
前後の揺れも大きい
段差などを走行した際に、前後の揺れが多少大きくなります。

まとめ

ラジコン
【ホイールベースとは】
  • 車軸から車軸までの距離
  • 長いと直進安定性が優れている
  • 短いと小回りが効く

いかがでしたでしょうか?
長くても短くても、どちらも一長一短という感じでしたね。
レースなどに出る車両の場合、短いホイールベースは不利だという話しも聞きますが、街乗りで使う分には短いホイールベースの車両でも良いかもしれませんね。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。