三菱ふそう・ファイターの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

三菱ふそう ファイター
【ファイター】
ファイターの車名は、1984年に三菱ふそうで以前製造していた、
中型トラックのFK/FMシリーズのフルモデルチェンジの際に
新たな名称を付けることになったそうです。
由来については、公表されていないようなので、ファイター(fighter)の英語の意味から考えてみましょう。
[fighter] - 戦士、闘士、武人
いかがでしょうか?
すごく、かっこいいですよね!
個人的には「戦士」って響きがお気に入りです!
では、ファイターとはどんなトラックだったのかを見てみましょう!

ファイターの特徴、仕様

三菱ふそう ファイター
【ファイター】
ファイターとは、三菱ふそうが製造する中型トラックです。
ラインナップにはフルキャブのファイター、ベッドレスショートキャブのファイターNXの2車種構成で、それぞれ大型免許の必要な大型仕様(通称増トン)車、4WD車もあるようです。
自動変速による安全で快適な運転操作で、理想の省燃費を実現する6段階のINOMAT-Ⅱというオートマチックトランスミッションを搭載しています。
運転による疲労の軽減に加え、運転の技量に左右されない省燃費走行により、運行コスト削減にも大きく貢献するようです。
さらに、変速ショック低減によるスムーズな走りにも期待できそうです!

公式サイト:
http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/lineup/truck/fighter/11/

ファイターのCM動画

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。