マツダ自動車のロゴの由来 - 社名の由来

ロゴ、社名の意味

マツダのロゴ
【マツダ】
マツダが提供する商品やサービスの価値を象徴するものとして、
「自らたゆまず改革し続けることによって、力強く、留まることなく発展していく」
というマツダの固い決意を、
21世紀に向けて羽ばたくMAZDAの<M>の形に象徴したもの

マツダの代表的なトラック

タイタン
【タイタン】
積載量1.25-4.5t級の小型・中型トラックで、ディーゼル車・CNG圧縮天然ガスエンジン車が存在する。
かつてのラインナップは全てマツダ独自開発車両で、マツダの本社が存在する府中町の工場で生産されていたが、現在は自社生産を中止し、いすゞ自動車からエルフのOEM供給を受けている。
2007年、新たに標準キャビンから+75mm車幅を拡大した標準キャビンとワイドキャビンの中間にあたるミドルキャビンを新設。また、2ペダル式のマニュアル変速機「スムーサーEx」を設定したほか、乗降頻度が高い小型トラックの利用法を考慮し、イモビライザーを標準装備した。

マツダの所在地

マツダ株式会社
〒730-8670
広島県安芸郡府中町新地3番地1号
http://www.mazda.co.jp/


大きな地図で見る
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。