日野・レンジャーの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

日野 レンジャー
【レンジャー】
レンジャーの車名ですが、1964年のレンジャー発売時に、
一般公募にて先行されたようです。
由来については、常に進化し、お客様の期待に応え、利益をお約束するプロフェッショナルのためのトラックという意味が込められているようです。
英語でレンジャーとは、
[ranger] - 警備隊、突撃隊員
などの意味があるようで、とても頼もしい車名です!
では、レンジャーとはどんなトラックだったのかを見てみましょう!

レンジャーの特徴、仕様

日野 レンジャー
【レンジャー】
レンジャーとは、日野自動車が製造している中型トラックです。
車両総重量8tクラス~車両総重量20tクラスの低床車まで
幅広いバリエーションを揃えているトラックです。
レンジャーの歴史は長く、初代は1964年に3.5t積として発売されました。
現行車種は、中型トラックでは初のバンパー埋込み型のロアヘッドライトが採用されました。
大型トラックの様な雰囲気がとてもカッコいいですね!
燃費性能の向上のため、平成27年度燃費基準達成車両も多く、
クリーンディーゼルシステムの「AIR LOOP」も採用されています!

公式サイト:
https://www.hino.co.jp/ranger/index.html

レンジャーのCM動画

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。