日野・K#型 T#型 H#型トラックの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

日野 KFトラック
【K#型 T#型 H#型トラック】
K#型、T#型、H#型トラックの車名の由来ですが、公表されていないため不明です...
車名自体もアルファベット表記なので推測もできません…
では、K#型、T#型、H#型トラックとはどんなトラックだったのかを見てみましょう!

K#型 T#型 H#型トラックの特徴、仕様

日野 HEトラック
【K#型 T#型 H#型トラック】
K#型、T#型、H#型トラックとは、日野自動車が製造していた
大型トラックです。
1959年、日本初のキャブオーバー型トラックとして発売。
1969年、フルモデルチェンジしましたが、この時のトラクタは
まだ単車と同じローマウントとキャブで、グリルの変更などもありませんでした。
1971年、マイナーチェンジにて
キャブフロントのデザインを変更しました。
同時にトラクタのみ、キャブがハイマウント化されるとともに
デザインが大きく変更されました。
1976年、マイナーチェンジにてフロントグリルのデザインと、
型式プレートの位置がの位置が変更されました。
1981年に生産終了し、スーパードルフィンが後継車となります。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。