いすゞ・TX型(その他T#型)の車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

いすゞ TX型、その他T#型
【TX型、その他T#型】
TX型(その他T#型)トラックの車名の由来ですが、
公表されていないため不明です...
車名自体もアルファベット表記なので推測もできません…
では、TX型トラックとはどういったトラックだったのかを見てみましょう!

TX型、その他T#型の特徴、仕様

いすゞ TX型、その他T#型
【TX型、その他T#型】
TX型(その他T#型)とは、いすゞ自動車が1947年~1970年に製造していたトラックです。
いすゞ自動車が、まだ「ヂーゼル自動車工業株式会社」
の頃から製造していました。
ものすごい歴史を感じますね!
おおまかにモデルを紹介していきます。
TX61(1947年) - 6t積ディーゼルトラック。このモデルが
ヒット車種となります。
TW11/21(1951年) - 6×6 6輪駆動モデル。
TX352(1957年) - 6t積トラック。
TXD50/TXD70E(1959年) - キャブオーバーモデル。
TD151(1959年) - 8t積トラック。
TSD542/543(1960年) - 4×4 5.5t積モデル。
TY20/30/40(1966年) - 3人乗りセミキャブオーバー4t車。
この系統(TY)はフォワードへ引き継がれます。
TP70/80E(1969年) - 6×2 10t積トラック。この系統(TD/TP)はニューパワーシリーズへ引き継がれます。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。