いすゞ・フォワードジャストンの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

いすゞ フォワードジャストン
【フォワードジャストン】
フォワードジャストンに車名の由来については、
「JUST ON TIME=機動性、JUST ON FUNCTION=機能性、
JUNT ON PRICE=価格以上の商業車に必要な代表的機能にぴったり
(ジャストオン)の意味。」
という意味が込められているようです!では、フォワードジャストン
とはどんなトラックだったのかを見てみましょう!

の特徴、仕様

いすゞ フォワードジャストン
【フォワードジャストン】
フォワードジャストンとは、いすゞ自動車が1986年~2004年に製造していた中型トラックです。
フォワードのシャーシに、エルフのキャブを載せたモデルです。
キャビンが小型のため、積載容量を稼ぐことができます。
中小建設関連業種のダンプカーや、ミキサー車、清掃車などが多く保有しているようです。
1996年には、軽量仕様のフォワードジャストンⅡを追加しました。
2002年には、セミオートマチックトランスミッションの
「スムーサーF」が搭載されました。
そして、2004年に販売終了しました。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。