トヨタ・ハイエーストラックの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

トヨタ ハイエーストラック
【ハイエーストラック】
ハイエーストラックの車名の由来とは、どういったものなのでしょうか?
語源自体は、「トヨエース」に由来していて、ハイ(high)と
エース(ace)を組み合わせたもののようです。
[high] - 高級な、上等な
[ace] - 第一人者、達人
という意味があります。
トヨタの入れ込み具合が伺える車名ですね!
では、ハイエーストラックとは、どんなトラックだったのかを
見てみましょう!

ハイエーストラックの特徴、仕様

トヨタ ハイエーストラック
【ハイエーストラック】
ハイエーストラックとは、トヨタが1967年~1996年に製造していた
小型トラックです。
ご存じの方も多いかと思いますが、ワンボックスの「ハイエース」
のトラック版です!
「トヨエース」の小型版として、1967年に登場しました。
初代モデルは、空冷直列4気筒1300ccエンジンを搭載していました。
1977年のフルモデルチェンジにて、水冷直列4気筒1600ccエンジン
になります。
1985年の2回目となるフルモデルチェンジでは、「ダイナ」の基本
デザインを流用して1tクラスのトラックに仕立て、「トヨエース」
「ダイナ」「ハイエーストラック」は、3姉妹車種となりました。
この時点で、バンや、ワゴンとは別系統に分かれました。
エンジンは、水冷直列4気筒2400cc(ディーゼル)と1600cc(ガソリン)
に変更されました。
1995年のフルモデルチェンジでは、フロントグリル以外は、
「ダイナ」「トヨエース」と共用になりました。
エンジンは、水冷直列4気筒2800cc(ディーゼル)と、
2000cc(ガソリン)に変更されます。
しかし、翌年の1996年に製造を終了してしまいます。

公式サイト:
http://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/
vehicle_lineage/car/id60015020/index.html

ハイエーストラックのCM動画

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。