トヨタ・ミニエースの車名の由来 - 車種の特徴
トヨタ・ミニエースの車名の由来 - 車種の特徴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ・ミニエースの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

トヨタ ミニエース
【ミニエース】
ミニエースの車名の由来は、どういったものだったのでしょうか?
公表されている情報によりますと、
「同時期に発売した「ハイエース」に対して、小型トラック
であることから「ミニエース」と命名」
とのことでした。
では、ミニエースとは、どんなトラックだったのかを見てみましょう!

ミニエースの特徴、仕様

トヨタ ミニエース
【ミニエース】
ミニエーストラックは、トヨタ自動車が1967年~1975年に製造していた小型トラックです。
エンジンを運転席の下に搭載する、キャブオーバーザエンジン
(キャブオーバー)のデザインにすることにより、荷室の広さを最大限
にとることにより、軽トラックよりも150kg多い、500kgの最大積載量
を確保しました。
取り回しの良さも軽自動車と変わらないにも関わらず、価格は
軽トラック並にしました。
1975年に、発売から変わらず空冷エンジンを搭載し続けたために、
「昭和50年排出ガス規制」を達成できずに販売を終了しました。

公式サイト:
http://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/
vehicle_lineage/car/id60015836/


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

  • RSSアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • はてなブックマークアイコン
検索フォーム
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
人気の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。