ダイハツ・コンパーノトラックの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

ダイハツ コンパーノトラック
【コンパーノトラック】
コンパーノトラックの車名の由来は、
どういったものだったのでしょうか?
コンパーノとはイタリア語で、英語のコンパニオン(Companion)と
同じ意味のようですので、早速調べてみました!
[companion] - 仲間、友
という意味のようですね!
まるで仲間のように親しめるトラックという意味が込められて
いるようですね!
では、コンパーノトラックとは、どんなトラックだったのかを
見てみましょう!

コンパーノトラックの特徴、仕様

ダイハツ コンパーノトラック
【コンパーノトラック】
コンパーノトラックとは、ダイハツ工業が1965年~1969年に製造
していたピックアップトラックです。
コンパーノ自体は小型乗用車として1963年に登場していました。
1965年にコンパーノのトラック版として、最大積載量500kgの
コンパーノトラックが登場しました。
1969年にダイハツは、トヨタ自動車との業務提携により、
小型乗用車の自主開発から撤退することになりました。
それにともない、コンパーノトラックの販売は終了しました。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。