UDトラックスのロゴの由来 - 社名の由来

ロゴ、社名の意味

UDトラックス
【UDトラックス】
UDトラックスの社名は、Ultimate Dependability(究極の信頼)に由来。
UDの文字は、1955年に発表された単流掃気式2サイクルエンジン
(Uniflow Scavenging Diesel Engine)
が開発された時につくられた、UとDからなる赤い丸のマークを発祥。

UDの二文字は、現在ではUltimate Dependability(究極の信頼)として、
企業の理念に受け継がれています。
伝統あるこの「UD」を採用した社名には、
「Ultimate Dependability(究極の信頼)をお客さまに提供し続ける存在になる」という、
企業としての強い意志が込められています。

UDトラックスの代表的なトラック

クオン
【クオン】
クオン(Quon)は、UDトラックス(2010年1月31日までは日産ディーゼル工業)が2004年から製造販売する大型クラスのトラックである。
ビッグサムの後継車として登場した。クオンはビッグサムの後継型で、ビッグサムから15年ぶりのフルモデルチェンジとなる。発売後約3ヶ月間はビッグサムとの併売であった。
なお、除雪車は日野自動車といすゞ自動車にOEM供給されている。キャブバックパネルはビッグサムの流用。
大型トラックで、世界初の尿素SCR触媒を採用し、いち早く平成17年排出ガス規制に適合した。エンジンはV型を廃止して直列6気筒のGE13系とMD92系に統合された。

UDトラックスの所在地

UDトラックス株式会社
〒362-0046
埼玉県尾上市壱丁目1番地
http://www.udtrucks.com/


大きな地図で見る
関連記事

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。