マツダ・ファミリアトラックの車名の由来 - 車種の特徴
マツダ・ファミリアトラックの車名の由来 - 車種の特徴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ・ファミリアトラックの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

マツダ ファミリアトラック
【ファミリアトラック】
ファミリアトラックの車名の由来は、どういったものだったの
でしょうか? ファミリアとは、ファミリーという言葉に由来しています。
「日本の自動車産業の発展期にファミリーカーのトップモデルに
したい」という思いが込められています!
では、ファミリアトラックとは、どんなトラックだったのかを
見てみましょう!

ファミリアトラックの特徴、仕様

マツダ ファミリアトラック
【ファミリアトラック】
ファミリアトラックとは、マツダが1963年~1978年に販売していた
ピックアップトラックです。
ファミリアトラックは、「ファミリア」の派生車で、ファミリア全体
として個性的で美しいイタリアデザインで、商業的にも
大成功でした。
800ccのモデルは、フロントのナンバープレートをめくり上げると
クランクシャフトを通す穴があり、バッテリーが上がってしまった
時などにはクランクシャフトによる始動が出来ました。
1967年のフルモデルチェンジでは、丸みを帯びたデザインと
なりました。
1973年には、他のファミリアはフルモデルチェンジしましたが、
ファミリアトラックは、フロントグリルのデザインを変更する程度で、
従来型のまま1978年まで製造されました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

  • RSSアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • はてなブックマークアイコン
検索フォーム
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
人気の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。