日産のロゴの由来 - 社名の由来
日産のロゴの由来 - 社名の由来

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日産のロゴの由来 - 社名の由来

ロゴ、社名の意味

日産
【日産】 昭和8年12月26日に、日本産業株式会社と戸畑鋳物株式会社の協同出資で設立された「自動車製造株式会社」がはじまり。 昭和9年6月1日、日本産業の全額出資となり、会社名を「日産自動車株式会社」に変更。日産は、1950年代に日の丸の上に「NISSAN」を横に乗せたロゴと、 「DATSUN」の両方を使っていました。2001年には、創業者の鮎川義助が残した「至誠天日を貫く」という精神を表している現在のブランドシンボルになり、当時のシーマやプリメーラ、スカイランなどすべてのモデルに採用されています。

日産の代表的なトラック

【アトラス】
アトラス(ATLAS )は、日産自動車が販売する小型および中型トラックである。 1t積クラスと2-4t積がラインナップされる。欧州と台湾、シンガポールでは1tクラスの「アトラス10」が「キャブスター」の名で販売されている。2013年1月25日、 エルグランドやスカイラインクロスオーバーなどで採用されている「アラウンドビューモニター」をトラック用に進化させた「マルチビューモニターシステム」を世界で初めて搭載。 荷台上面4ヶ所に配置されたカメラで車両周囲の様子をとらえ、運転室内上部に設置されたハイマウントモニターにその様子を映し出すことで運転シーンにおける安全確認をサポートする。

日産の所在地

日産自動車株式会社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島1丁目1番地1号
http://www.nissan.co.jp/


大きな地図で見る
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

  • RSSアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • はてなブックマークアイコン
検索フォーム
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
人気の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。