フォルクスワーゲン・サベイロの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

フォルクスワーゲン サベイロ
【サベイロ】
サベイロの車名の由来は、どういったものでしょうか?
サベイロとは、ブラジルの伝統的な釣り船の名前で、
それを由来としているようです!
さすがにブラジル向けに製造しているだけあって、
ブラジルよりな車名になってますね!
では、サベイロとはどんなトラックなのかをみてみましょう!

サベイロの特徴、仕様

フォルクスワーゲン サベイロ
【サベイロ】
サベイロとは、フォルクスワーゲンが海外(ブラジル)向けに
販売しているピックアップトラックです。
ブラジル向けに販売していた「ゴル」(ゴルフじゃないですよ!)を
ベースに1984年に初登場しました。
2009年に現行モデル(5代目)になります。
エンジンは直列4気筒の1600ccですが、南米では、ガソリンの他に
エタノールを燃料とすることが多いため、ガソリンとエタノールの
両方に対応したエンジンとなっています。
ガソリンでもエタノールでも走ってしまうなんてすごいですね!
さらに驚きなのが、エタノール使用時のほうが馬力が高い(3PSほど)
ようです!
しかし残念なのが、日本では滅多に(というか一切?)お目に
かかれないというところですね...

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。