日産・クリッパートラックの車名の由来 - 車種の特徴
日産・クリッパートラックの車名の由来 - 車種の特徴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日産・クリッパートラックの車名の由来 - 車種の特徴

車名の由来、意味

日産 クリッパートラック
【クリッパートラック】
クリッパートラックの車名の由来は、どういったものでしょうか?
まずは、クリッパー(Clipper)の意味を調べてみましょう!
[clipper] - 足の早い馬、足の早い人
という意味で、それが由来になってるそうです。
では、クリッパートラックとは、どんなトラックなのかを
見てみましょう!

クリッパートラックの特徴、仕様

日産 クリッパートラック
【クリッパートラック】
クリッパートラックとは、日産が販売している軽トラックです。
2003年に三菱の「ミニキャブ」からのOEM供給を受けて販売を
開始しました。
荷台の大きさは、長さ1940mm、幅1415mm、深さ290mmと
なっていて、荷台の高さも650mmと低めになっているので荷物の
積み下ろしが簡単ですね!
パワーステアリングが標準装備されているのも軽トラックには
ありがたいですね!
エンジンは、直列3気筒660ccを搭載し、ミッションは3速オートマと、
5速マニュアルを設定していて、駆動方式も2WDと4WDを
選べます。
グレードはDX、SD、DX農繁仕様の3種類から選べます。

公式サイト:
http://www.nissan.co.jp/NT100CLIPPER/index.html

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

  • RSSアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • はてなブックマークアイコン
検索フォーム
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
人気の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。